モンスターカレンダー

« 2010年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

就職の最近のブログ記事


もしあなたが農家になりたいと思って、数百万円の資金を用意し、
何冊も本を読んで、野菜の作り方もしっかり勉強して、移住先の自治体とも相談して、
農業経営についても学んで、準備万端の上で就農しようとしても・・・・・・
本当に必要なことを、していないから農業転職法5日間無料メール講座

なぜ、今、農業なのか?
日本唯一の新規就農マニュアル「農業転職法」。
そのエッセンスを5日間にわたり、ご登録のメールアドレス宛にお送りする、無料メール講座です。

【1日目】・・・・・・農業が「起業」に向く3つの理由
【2日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが有利なこと
【3日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが不利なこと
【4日目】・・・・・・100万円の価値ある17文字
【5日目】・・・・・・やってやれないことはない農業転職法5日間無料メール講座
お名前Eメール※ご登録のメールアドレスに「5日間無料メール講座」以外の迷惑メール等が送られることは、ありません。
想像してみてください。
当サイトは、電子書籍「農業転職法」について解説したサイトです。

農業転職法とは、全く農業経験の無い人が農家になるための、新規就農マニュアルです。

農業で稼げない人は、新規就農の落とし穴に、落ちてしまっているのです。

稼げる人は、意図的にしろ、意図的ではないにしろ、落とし穴に落ちずに就農しているのです。

新規就農が成功するか否かは「本人の頑張り」「努力」「自己資金の額」といった諸条件以上に、
ある幾つかの「落とし穴」に落ちないかどうか、ということが重要になってくるのです。
では、新規就農の失敗原因となってしまう「落とし穴」には、どんなものがあるのでしょうか。

代表的な3つの落とし穴について、見ていくことにしましょう。新規就農の落とし穴(1)「儲からない土地へ移住してしまう」
新規就農の落とし穴の一つは、農業では儲からない土地に移住してしまうことです。

ところが多くの新規就農者は、そこが「農業で稼ぎやすいか」というところには目がいかず、
「支援制度が整っているか」「支援制度が整っていないか」といった部分だけを見てしまうのです。その結果、目先の支援制度につられて、
農業では稼ぎにくい土地に移住する新規就農者が続出してしまうのです。

その土地に代々住み続ける農家が離農し、人口が減っている状況なのですから、
そんな土地で新規就農者が稼ぐのは、並大抵のことでは出来ません。
この落とし穴に落ちてしまう人は、
自治体などが主催する「農業フェア」のような田舎移住イベントを通じて就農している場合が、多いのです。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
新規就農マニュアル【農業転職法】


これまでの経験で、正確な人数は把握してませんが、マーケティング部門の責任者として、のべ100人以上の方の面接を担当しています。

そして、転職者としては、履歴書をざっと700枚以上、面接は200回以上は受けています。
そう思い、必死に転職活動を始めました。

若い頃でしたら真面目に転職活動をしなくても、ヘッドハンティングなどもあり、そんなに苦労をする事もなかったのですが、もう私も、その当時40歳でした。

さすがに、40過ぎて何も考えずに転職活動をしている人間を採用する会社はありません。

その後、会社には在籍しながらも色んな転職本を読み、100冊以上は買いました。

結局、1年近く、転職活動を続けましたが、1社も採用されませんでした。

「俺の人生も今の会社で終わりか!」

「まさに、目からうろこでした。」

今まで、1年近く、転職活動をしていましたが、まったくこの事に気付きませんでした。

この本のタイトル通り、人間はかなりの部分で見た目に影響を受けます。

転職の場合、最初の履歴書、職務経歴書の印象が悪いと書類選考で落とされます。

「実は、正直には書いてません。」

だから、私は履歴書、職務経歴書の中にも自分に不利になる事は極力書きません。

おおむね3ヶ月以内の試用期間中に辞めてます。

ですので、それを全部、履歴書に書くと1枚には書ききれないので、省くようにしてます。

それから、また、転職活動をするはめになったのですが、もう以前のような転職に対する不安はなくなりました。

逆に、どのように行動すれば採用されるかが分かるので、少しでも会社に対して不満があると我慢せずに辞める事ができるようになりました。

逆に、ストレスがなくなり、転職活動を楽しんでいます。

それからは、私の天職である広報、マーケティングの仕事しかしないと決めています。

空いた時間にバイトでもしようかと建設現場で日雇いの掃除屋さんを転職活動の合間にしていました。

そんな時に若いフリーターの連中で私の噂を聞きつけた者がいて、「早く、この生活から抜け出したいんです。

と言われ、ふと考えました。

私は40歳の頃、1年間、転職活動をして、1社も受からなかった時の事を思い出しました。

ズバリ、転職する時期はいつがベストか?

転職需要がマックスの時期を知らずして転職活動をするのは、暗闇の山道を無灯火で車を運転するのと同じです。

100年後も変わらない、転職活動を始める前に必ずやるべき事とは?

これをやらずして転職活動を始めると必ずうまくいきまん。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法


JUGEMテーマ:就職活動

あなたの自分の人生を左右する「仕事」。

そのための就職活動では、面接のやり方が勝敗の全てを決めます。

自己分析もいいでしょう。

でも、どんなに自分を分析しても、あなたを採用するのは

面接官の判断1つなのです。


現役面接官であり、面接教材ネット売上No.1の私が

今だけあなたに面接の秘訣を確実にお教えします。


●新卒の面接で落ちる人は面接で何を言っているのか?

●不採用者が圧倒的に勘違いしている「面接の仕方」とは?

●面接官が聞きたい自己PRと、どうでもいいと思われる自己PRとは?

●どんなに作り込んでも全く意味がない志望動機とは?


面接のスキルを上げることは、あなたの人生の可能性を大きく広げます。

面接スキルを早く身に付けて損することは何ひとつありません。


不採用ばかりもらうダメ人間から

一気に年商200億企業の採用担当になった私が、

面接の現場で実際に見た、

「採用を複数勝ち取る新卒者たち」の

その意外な実態とは・・・

↓↓
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


もしあなたが農家になりたいと思って、数百万円の資金を用意し、
何冊も本を読んで、野菜の作り方もしっかり勉強して、移住先の自治体とも相談して、
農業経営についても学んで、準備万端の上で就農しようとしても・・・・・・
本当に必要なことを、していないから農業転職法5日間無料メール講座

なぜ、今、農業なのか?
日本唯一の新規就農マニュアル「農業転職法」。
そのエッセンスを5日間にわたり、ご登録のメールアドレス宛にお送りする、無料メール講座です。

【1日目】・・・・・・農業が「起業」に向く3つの理由
【2日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが有利なこと
【3日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが不利なこと
【4日目】・・・・・・100万円の価値ある17文字
【5日目】・・・・・・やってやれないことはない農業転職法5日間無料メール講座
お名前Eメール※ご登録のメールアドレスに「5日間無料メール講座」以外の迷惑メール等が送られることは、ありません。
想像してみてください。
当サイトは、電子書籍「農業転職法」について解説したサイトです。

農業転職法とは、全く農業経験の無い人が農家になるための、新規就農マニュアルです。

農業で稼げない人は、新規就農の落とし穴に、落ちてしまっているのです。

稼げる人は、意図的にしろ、意図的ではないにしろ、落とし穴に落ちずに就農しているのです。

新規就農が成功するか否かは「本人の頑張り」「努力」「自己資金の額」といった諸条件以上に、
ある幾つかの「落とし穴」に落ちないかどうか、ということが重要になってくるのです。
では、新規就農の失敗原因となってしまう「落とし穴」には、どんなものがあるのでしょうか。

代表的な3つの落とし穴について、見ていくことにしましょう。新規就農の落とし穴(1)「儲からない土地へ移住してしまう」
新規就農の落とし穴の一つは、農業では儲からない土地に移住してしまうことです。

ところが多くの新規就農者は、そこが「農業で稼ぎやすいか」というところには目がいかず、
「支援制度が整っているか」「支援制度が整っていないか」といった部分だけを見てしまうのです。その結果、目先の支援制度につられて、
農業では稼ぎにくい土地に移住する新規就農者が続出してしまうのです。

その土地に代々住み続ける農家が離農し、人口が減っている状況なのですから、
そんな土地で新規就農者が稼ぐのは、並大抵のことでは出来ません。
この落とし穴に落ちてしまう人は、
自治体などが主催する「農業フェア」のような田舎移住イベントを通じて就農している場合が、多いのです。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
新規就農マニュアル【農業転職法】


JUGEMテーマ:就職活動

あなたの自分の人生を左右する「仕事」。

そのための就職活動では、面接のやり方が勝敗の全てを決めます。

自己分析もいいでしょう。

でも、どんなに自分を分析しても、あなたを採用するのは

面接官の判断1つなのです。


現役面接官であり、面接教材ネット売上No.1の私が

今だけあなたに面接の秘訣を確実にお教えします。


●新卒の面接で落ちる人は面接で何を言っているのか?

●不採用者が圧倒的に勘違いしている「面接の仕方」とは?

●面接官が聞きたい自己PRと、どうでもいいと思われる自己PRとは?

●どんなに作り込んでも全く意味がない志望動機とは?


面接のスキルを上げることは、あなたの人生の可能性を大きく広げます。

面接スキルを早く身に付けて損することは何ひとつありません。


不採用ばかりもらうダメ人間から

一気に年商200億企業の採用担当になった私が、

面接の現場で実際に見た、

「採用を複数勝ち取る新卒者たち」の

その意外な実態とは・・・

↓↓
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


これまでの経験で、正確な人数は把握してませんが、マーケティング部門の責任者として、のべ100人以上の方の面接を担当しています。

そして、転職者としては、履歴書をざっと700枚以上、面接は200回以上は受けています。
そう思い、必死に転職活動を始めました。

若い頃でしたら真面目に転職活動をしなくても、ヘッドハンティングなどもあり、そんなに苦労をする事もなかったのですが、もう私も、その当時40歳でした。

さすがに、40過ぎて何も考えずに転職活動をしている人間を採用する会社はありません。

その後、会社には在籍しながらも色んな転職本を読み、100冊以上は買いました。

結局、1年近く、転職活動を続けましたが、1社も採用されませんでした。

「俺の人生も今の会社で終わりか!」

「まさに、目からうろこでした。」

今まで、1年近く、転職活動をしていましたが、まったくこの事に気付きませんでした。

この本のタイトル通り、人間はかなりの部分で見た目に影響を受けます。

転職の場合、最初の履歴書、職務経歴書の印象が悪いと書類選考で落とされます。

「実は、正直には書いてません。」

だから、私は履歴書、職務経歴書の中にも自分に不利になる事は極力書きません。

おおむね3ヶ月以内の試用期間中に辞めてます。

ですので、それを全部、履歴書に書くと1枚には書ききれないので、省くようにしてます。

それから、また、転職活動をするはめになったのですが、もう以前のような転職に対する不安はなくなりました。

逆に、どのように行動すれば採用されるかが分かるので、少しでも会社に対して不満があると我慢せずに辞める事ができるようになりました。

逆に、ストレスがなくなり、転職活動を楽しんでいます。

それからは、私の天職である広報、マーケティングの仕事しかしないと決めています。

空いた時間にバイトでもしようかと建設現場で日雇いの掃除屋さんを転職活動の合間にしていました。

そんな時に若いフリーターの連中で私の噂を聞きつけた者がいて、「早く、この生活から抜け出したいんです。

と言われ、ふと考えました。

私は40歳の頃、1年間、転職活動をして、1社も受からなかった時の事を思い出しました。

ズバリ、転職する時期はいつがベストか?

転職需要がマックスの時期を知らずして転職活動をするのは、暗闇の山道を無灯火で車を運転するのと同じです。

100年後も変わらない、転職活動を始める前に必ずやるべき事とは?

これをやらずして転職活動を始めると必ずうまくいきまん。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法